債務整理手段としての任意整理

債務整理には様々な方法があり、中でも手軽に借金の整理が出来るものとして任意整理があります。法的な手続きではないので裁判所は介さず、あくまで債権者との交渉によって借金の減額を行う債務整理方法となります。

 

 

債権者が応じないと任意整理が出来ないデメリットはありますが、個人が進めるのではなく、借金問題に強い法律事務所に依頼をして任意整理をするのであれば、失敗するケースは多くはありません。どの程度の減額が出来るかも弁護士や司法書士に腕の見せ所となりますので、任意整理を行う際にはしっかりと相談をする法律事務所を選んでください。

 

また、任意整理にはその他にもデメリットがありますので、詳しくは任意整理で解決する際のメリットとデメリットを見ておきましょう。

 

慌てないでまずは相談が重要です。

キャッシングで最もトラブルの原因となりやすいポイントが、返済時の滞納です。
借入時には誰しも返済計画を立てるものですが、返済期間中に減給や失業等の不測の事態はよくある話で、実際にそのような状況に置かれた時にはとても大きな焦りを覚えるものです。

 

そんな時、多くの方が自己破産や任意整理などの債務整理について調べ始めます。ですが、そのような行動は全くの見当違いと言いますか、順序を把握していないと言わざるを得ません。返済の見込みが立たない時は、そのような情報をネットで調べるのではなく、債権者への連絡と相談が一番の対処法だからです。

 

消費者金融系のキャッシングは、住宅ローンやカーローンと比べて比較的少額である事が殆どです。その為、債権者との相談により月々の返済金額を減額してもらったり、支払期日を延ばしてもらう事で十分に対処できるケースがほとんどです。

 

特に大手消費者金融からの借入であれば、相談により返済についてかなり柔軟に対応してくれますから、極端な方法を探す前に相談する事がベストだと言えるでしょう。相手も貸し倒れは避けたいと考えているわけですから、お互いにとって最良の方法を見つける手助けをしてくれます。

 

とは言え、どうあっても返済できない場合は債務整理が必要となるのもまた事実です。相談の結果、どうしても折り合いがつかない場合や、返済の見込みがまるで立たない場合においては債務整理は重要な制度であると言えるでしょう。

 

どうしても返せない場合には債務整理を考える

借金で苦しんでいる人は日本で、200万人いるとも300万人いるとも言われており、中には夜逃げや自殺といった悲劇に終わってしまうことも少なくありません。そこで、債務整理をして少しでも身軽になるべきでしょう。

 

債務整理にはいくつかの種類がありますが、まず行うべきなのは、過払い金の返還請求です。過払い金とは、利息(いわゆるグレーゾーン金利)を払いすぎた結果元本が消滅した後も「返済」を続けているという場合の、払いすぎたお金のことを言います。このようなものは弁護士に頼めば返してもらえますので、返してもらうべきでしょう。同じ消費者金融から二度と借りれない恐れがありますが、それは仕方ないでしょう。

 

それと並行して、任意整理も行うことが考えられます。これは、消費者金融などと直接交渉して、借金を少しでも減らしてもらうことです。消費者金融なども全く返って来ないよりはマシなので、このようなものに応じることもあるのです。

 

どうしても返せない場合は、自己破産することも考えられます。重い判断ではありますが、返せないというのであれば、仕方がないでしょう。自己破産を申し立てますと、消費者金融は取り立てが出来なくなるというメリットもあります。

 

借金問題は大きなストレスとなる

日々の返済に追われるのは大きなストレスで、金銭的にはもちろんですが、精神的にも余裕がなくなってきます。返せない借金を抱えていると周りにバレてしまうのではないかと不安に感じる部分もあるため、ビクビクした生活を送ることとなってしまいます。

 

また、借金が返せないと督促状が届く場合もあり、払えないからと無視をすると支払督促が届いても払わないとどうなるかにもかかれている通り、差し押さえがされる可能性もあります。これでは家族にも会社にもバレてしまいますので、絶対に避けるべきです。

 

ここまで問題が大きくなる前に相談をすることが大事です。最近では多くの法律事務所が借金問題の無料相談を受け付けていますので、まずは話を聞いてみましょう。