保証人に迷惑をかけたくない

責任感の強い人の中には保証人がいるから債務整理ができないと考えている人もいますが、債務整理の中には整理する借金を選ぶ事ができる任意整理という方法もあります。

 

連帯保証人の責任は重大で、もしも借りた人が借金を返さない場合には連帯保証人が一括で借金を返さなくてはいけなくなります。

 

それを避けられるのが任意整理です。保証人がいる以外の借金の総額や毎月の返済額を減らせるので、借金を返すのが容易になり保証人に迷惑をかけることもありません。

 

任意整理は車のローンが残っているけれど、車を手放したく無い場合などにも使える方法です。

 

しかし借金の額が多すぎる場合には、任意整理をしても返済が難しい場合があります。そういった場合は自己破産という手段をとるほかなくなりますが、連帯保証人がいる場合には連帯保証人も一緒に自己破産手続きを取ったほうが良い場合もあります。

 

自分にとっても連帯保証人にとっても一番良い債務整理の選択をする為には、弁護士などの専門家に相談したほうが良いでしょう。こういった場合は特に債務整理に詳しい専門家に依頼したほうが良いと言えます。

 

たとえ自己破産することになっても生活に必要な服や家具、家電製品、現金などは手元に残る為、生活を立て直す事ができます。